僕は嘘がつけない

僕は嘘がつけないのだ。
困ったもんだ。嘘がつけない。


いろんな嘘があると思う。ついていい嘘。いけない嘘。ついたほうがいい嘘。

恋愛においては「ついたほうがいい嘘」というものが多い気がする。
僕は人を愛せない。相手のためを想って、自分が思ってる以上に相手に好意を示すというのがダルい。


「あ、ここ、このタイミングでこの言葉を言ったほうが相手は喜ぶんだろうな」
っていうのがあるけど、やっぱり言えないのだ。本心じゃないから。
言葉は軽くなってしまう。そんな励ましの意味を込めた、相手への好意の言葉なんかクソだと思うんだよ。


自分に正直にありたいな。
でも「正直者が馬鹿を見る」という言葉があるように、後々後悔することもあるんだよね。
嘘をついて自分の利益を選んだほうがいいのかな。

僕は他人から利益を取ることしか考えてないくせに、そういうことってできないんだよな。
何故か罪悪感があって、嘘をつけないというか。何なんだろうね



もうここまできたら徹底的に合理的にいけばいいのかなあ。
難しいや。


おやすみ

家族愛とかいうのは、もう知らない

家族愛とかいうのはクソだなってなってる。
昔の僕は割とそういうものは知っていたし、「家族っていいな」みたいな感情を抱くことはあった。今は完全になくなったわけではないけど、そういう気持ちは薄れた。


なぜこんな話をしているかと言うと、昨日、家族や親戚がみんな集まって食事会みたいなことをした。
とてもめんどくさかったんだけど、無事に食事会は終わった。
ただ、それからがめんどくさくて、二次会?みたいなのにも付き合わされた。


食事会から二次会までの、タクシーに乗ってる時のこと。
みんな、過去の家庭での出来事について話し出した。僕にとってはどうでもいい話、というか忘れたい話ばかりで、もう触れたくない部分ではあった。

両親が喧嘩をしていた時の話、子供の頃に親に怒られた時の話など。
僕のアニキも、僕みたいに親父に殴られた時の話とか覚えてるみたいで、それを話しているのを聞いていた。

人って起きた出来事について、どんな意味を与えるかで全然解釈が違うんだなって感じた。
僕のアニキは健常者で、僕に比べて遥かに良い人生を歩んでる人なんだよね。僕と全然性格が違う。生まれつきで違うのだ。

アニキはそのような、親父から殴られた話をしながらも
「いやでも、あれは意味のあるゲンコツだったんだよ。今になってわかる(感謝してる)」みたいなことを話していた。

真意なのかどうかはわからないけど、でも僕のアニキってそういう人なんだよね。良い人。だから本当にそう思ってるのだろう。
凄いなって思った。僕は親のことなんて未だに許せてないのに。


ただ僕はそのアニキの言葉を聞きながら
「ああ、子供って"親が良い人だった"っていう幻想をやっぱ捨てられないんだな」って思った。僕はひねくれている。子供って親がクズだった、ということは認めたくない生き物なのだろう。



その話の流れで親父が「昔僕に言われた一言がショックだった」とかいう、ふざけたような言葉を昨日タクシーの中で言ったのが未だに心残りだ。
僕が直接、親父に言ったわけではないんだけどね。

僕は昔、精神的におかしくなって別の精神科に連れていかれることになったんだけど、
その時に、不安定だった感情に任せて、母親に僕の中のトラウマの一つみたいなのを話したことがあった。

それは簡単に言うと、親父から受けたネグレクトみたいなもの(ここでは説明を省く)。
その話を母親から聞いた親父は、ショックだったらしい。それを昨日タクシーの中で知った。


はっきり言って、ブチ切れそうになった。ふざけんなよって思った。
は?って感じ。


その「ショック」って何なのって話。
僕を傷つけてしまったことへの罪悪感なの?それならざまあみろって感じはするけど。
僕からしたら、その「ショックを受けた」とかいうことを僕に話すこと自体、クソだなって思ったんだけどね。「え、なんでお前が被害者面してるの?」って思った。「またそうやって、俺に罪悪感を与えるの?」って思って。


そもそもだけど、僕のその話って沢山あるトラウマの中の一つに過ぎないからね。
今までやられた沢山の嫌がらせ、ずっと言えていない(癒えてない)ことのほうが多いからね。お前それわかってるのかよ。俺はずっとお前を許すつもりはないよって思った。



こんないろんな感情が渦巻く中、二次会を頑張って過ごしました。
僕はいわゆる"コミュ障"なんだけど、大人になると「コミュ障だから」というのは許さないと思うんだよね。最低限の努力は必要だから。
だから頑張って話してきました。疲れました。早く一人になりたかった。誰にもこんなの理解されないからね。死にたくなるよ。


昨日、実家に帰ってきた僕のアニキはまだ家にいる。
夕方頃に帰るのかな。昔はアニキと仲が良くて、帰ってほしくないなあとか思う時もあった。
ただ今は、人と関わるのがめんどくさくなったので、早く帰ってほしいなっていう思いがある。疲れる。

僕の精神がおかしくなったのもあるけど、アニキとは徐々に性格の違いが激しくなっていったな。
「この人には僕の気持ちが伝わらないんだろうな」って思うと、もうその人には諦めちゃうんだよな、いろいろと。だからアニキと深く関わるのももう諦めてる。


家族に対して冷めてしまったのは、親がクソだったっていうのがある。けど、アニキに対して冷めたのは、もっといろんな原因があった。
先にも書いた通り、僕はアニキと仲が良かった。

長くなるので今回説明は省くけど、
大学の進学などで、アニキが家を出て離れてしまうことになって、それから冷めてしまったのだと思う。

僕はアニキが家からいなくなってしまうことが、とても寂しかった。悲しかった。つらかった。
だから僕はその感情を殺した。その感情を殺した結果、悲しさや寂しさは軽減したけど、必要以上にもう関わろうとは思わなくなったのだ。

そういうこと。





書いてて疲れた。
早くアニキ帰らないかな。ゆっくりしたい。

僕が絶対的な承認をされたい相手

「僕が絶対的な承認をされたい相手」
それは僕の彼女だろう。彼女からの承認がほしい。


しかしそれは叶わない。叶わないと思う。信じられなくなったからだ。でもあの件は僕の思い違いの部分もあるからな(前に書いたこと)。

その話をなしにしたとしても、なかなか信じられないんだよね。
「相手を信じられらない」というよりかは、やっぱ「見捨てられ不安」が強いんだよね。これに尽きる。


ちょっとしたことで否定された気分になる。
ちょっとしたことで僕のことが好きじゃないんだなって思う。


だから僕は相手を拒絶したくなる。相手に敵意を向ける。怒りを持つ。
だけど怒りの根底にあるのは、恐怖だ。見捨てられることへの。

僕が本当に相手に嫌悪しているのかはわからない。きっとコントロールできないからモヤモヤしているのだろう。相手をコントロールするのは無理だから。でもずっと親にコントロールされてきた僕は、相手をコントロールしたくなってしまうんだ。

僕だけを見てほしい。僕だけを好きでいてほしい。



そう思って生きることがどれだけつらいことなのか。みんなは想像できるだろうか。
僕はもう耐えられないのだ。だから最近の僕は思い付いた。
「依存相手を分散させればいい」と。

ただ、それも難しいんだよね。あと、人としてどうなの?っていう問題もあるからさ。不倫とかじゃなければ(結婚していなければ)不貞行為にはならないし、そもそも僕の彼女が男友達多いからさ。別に問題はないこと。

でも僕はそんな女友達なんていないわけだから。最近はネットで知り合った人とチャットして気分を紛らわしてる。
前にこのブログにも書いた人。「次の日連絡するねって言ったけど連絡来なかった」人。暇になったのかその二日後ぐらいにチャットが来たので、それからやり取りしてる。
ただまあ、僕の「理想の人」とは程遠い人物なんだよね。ホント「暇つぶし」って感じ。ないよりかはいいかなっていう。

そういった、複数の依存相手の候補があったほうがメンタルに良いんだろうな。まだその人しかいないけどね。増えていくといいね。


ボーダー気質の僕が、対症療法的に最近やってることです。
必要なことです。

謎の晴れ

気分が割と晴れてる。
最近ずっと鬱が酷かったから久しぶりな気がする。


お昼ぐらいまでは憂鬱だったんだけど、YouTubeでいろいろ動画観てたらなんか気分が晴れた。
この現象何なんだろうなあ。昔からその傾向がある。気分に波がある。躁まではいかないんだけどね。


こうなると、今まで恨んでた人のこととかはそこまで気にならなくなってる。
親とも普通に関われる。だけどいつもと変わらずフラットな状態で接してる。そのほうがラクだから。

ただまあ、この状態になってるついでにいろいろバイト始めることとか精神科の相談とかしたいんだけどね、本当は。
結局俺は親の承認がほしいんだよな。そこは諦めてたんだけどさ。結局ね。
相談しないとお金の問題とか、精神科だといろいろな問題があるからなあ。バイト受かったら、受かったことを言って、そのついでに精神科の話も切り出してみようと思ってる。その時に言えればいいか。
そもそも行くのかどうか微妙なところなんだよね。その話は前にしたか。




この前、母親にはバイト始めるのは言った。
そのおかげで家に居づらい感じは少し軽減したかもしれない。無言の圧力が凄かったから(僕が勝手に感じてるだけかもしれないが)。

本音を言ってしまえば、僕がどんな状況でも受け止めていてほしかったんだけどね。無職で何もできていなくても、「僕は大丈夫だ」というある種の安心感、自己肯定感が持ててればよかったのになあ、とか思ったりもする。


まあその話はいいや。今は暗くなるような話はしたくないや。
気分が落ち込んだ時にここに書き殴れればいいやって思ってて、それ以外の気分が晴れてる時はブログは放置でいいかなってなってた。けどこういったことも記録だけしておこうと思った。

こんな広告ばかりの潰れそうなブログサイトに記録していくのはどうなのかっていう問題はあるけど、使いやすいからな。


僕の記録だ。

死にたいんだ

財布の中にお札が一枚も入ってません。
全財産をギャンブルで失いました。どうすればいいのかわかりません。


本当にどうすればいいのかわからない。
バイトに採用されて働くとしたら、今月末ぐらいからになると思う。
いつから出勤できますか?って聞かれて、そう答えたから。いろんな理由があって。本当は早く働いてお金がほしい。


この前、本当に死にたくなって、何もできなくて、パニックになって、いろんな精神科に電話をかけた。やっぱりこのクソ田舎はどこも予約で埋まってて、新規の患者の受け入れをしてなかったりする。
その中でも電話が繋がって、新規患者を受け入れてる病院があったので予約をした。なので出勤日はそれが終わってからにすることにしたのだ。

だけど困ったことに、転院には医師の紹介状が必要になる。僕は今の主治医が大嫌いなのだ。会いたくない。
もうあの病院に行って嫌な気持ちになって帰ってくるのは嫌なんだ。病院に行けば2時間待ちは当たり前。主治医からは説教される。話を聞いてくれない。

もしかしたら転院自体も拒否されるんじゃないかとか思ってる。そんな医者いるのかよって話だけど、あの人だとそれはありそう。プライドの高いお医者さん(笑)だからな。


そもそもの話をすると、今お金がないので病院にも行けないんだけどね。だから親に頼み込むしかないと思う。お金がないのでください(or貸してください)と。だけど、そんな話をすると「またギャンブルで無駄遣いしたのか」って言われるか思われたりするので、嫌だなって思う。


てか紹介状なんて書いてもらったところで意味ないんだよ。
電話で話した方は「今までどんな治療を受けてきたかをこっちで把握したほうが、僕さんの治療のためになります」と仰ってた。
それはわかる。だけど例外もあるんだよ。今の主治医は僕のことについて何も知らない。何も知らない人が決めつけで書いた紹介状なんて、ないほうが治療のためなんだよ。主治医は本当に何もわかっていない。病名がそもそも誤診だし。

詳しくは書かないけど、「うつ病」のくくりにされる病名になってる。
僕のブログを読んでる人は、僕がただの「うつ病」で片付けられるような状態ではないのはわかってると思う。(「うつ病」のほうがラクとか、そういう話をしているのではないよ。)

僕はただ、気分の落ち込みややる気の出なさ、憂鬱とかで困ってるのではない。
それは普段困ってる根本的な原因によって、その二次的な症状が出てるだけなんだよね。

生きづらくて毎日しんどかったら、うつ病的な症状も出るだろう。主治医は二次障害しか見てない。
そして何よりも、僕が困ってる根本的な原因を話せば
「それは誰にでもあることです。気にすることではないです。自分に自信を持って生きましょう」という精神論で片付けられる。

発達傾向のある人に「誰でもあることだよ。みんなそうだよ。」って言うのはタブーだと思ってるけど、それすらもわからない人なんだよね。
わかるよ。実際誰でもある、ということを。

例えば、仕事をすれば誰でも疲れるさ。
8時間労働をすれば誰だって疲れる。かたや、4時間働いただけでも、それ以上に疲れてしまう人だっている。
後者は「甘え」とされて、「誰だって疲れるよ」と言われる。まあ仕方ないことだし、僕自身も仕事頑張ってて、他の人が成果出せてなかったりするとその人のこと責めたり甘えだと思ったりするからさ。(実際にサボってる奴らが大半だったから、僕は前職でイライラしてたんだけど。)



話が少しそれた。
まあもうどうしようもない、ということが言いたいのです。死ぬしかないっていうこと。
この死ぬしかない感覚をずっと抱えながら生きてる。けど今回のは本当にやばそうだなあ。どうすればいいかな。


一つ僕の中である案は、もう一度予約したほうの精神科に電話をして、
「やっぱり主治医と会えなかったです」って伝えて、紹介状がなくても通院できるのかを聞いてみる。ダメなら諦めるわ。死のうってなるね。

一度予約してから再度電話はしたんだよね。
「元の病院に電話をしたら、転院する場合は一度主治医に相談してくださいって言われました。会いたくんですけど、紹介状って絶対に必要ですか?」
そしたらさっき書いた回答をもらった。⇒「今までどんな治療を受けてきたかをこっちで把握したほうが、僕さんの治療のためになります」


「絶対に紹介状が必要になります」とは言ってなかったと思うので、ワンチャン大丈夫かなあとか思ってるけど、どうなんだろう。
てかこの病院、割と電話の受付の人が丁寧だったんだよね。元の病院や予約を断った病院、電話にすら全然出なかった病院とは違ってた。

電話に出た人と、予約を受け付けた人、二人と話したけど、どっちも丁寧だった。
こっちは死にたくなってて、藁にも縋るような思いで電話をかけてるってのがちゃんとわかってるところなのかなって勝手に思った。
たまにそれがわからないで、ただ傷ついて終わるだけのところとかあるからね。

勝手に相手に期待してまた傷つくのはあれだし、まだ電話で二人しか話してないけど、割とそういう研修とか受けててちゃんとした病院なのかなあって思った。
下の人達が丁寧だと、精神科医も割とまともなのかなあって思った。

ただ場所が遠いからさ。晴れてれば自転車で行けるんだけど、雨だとどうすればいいのかわからないや。
そういった諸々の問題がありながらも、本当につらくて病院予約しちゃった。お金もなくなっちゃった。どうすればいいのかな。ここまできてキャンセルすることになるのかな。とりあえずは、紹介状がなくても通院できるかを聞いて、ダメならそこに行くのは諦めようと思う。


どこまで精神科に頼っていいかわからないよね。どこまでが精神科の分野なのだろう。
また薬を出されて終わるだけの診察(笑)になるのか、それとも精神論で片付けられて傷ついて帰るだけになるのか。あまり良い未来が想像できないな。


僕が困ってることって本当にありふれた悩みなのかもしれない。精神科医は「カウンセラー」ではないのはわかってるけど、どこまで相談に乗ってくれるんだ。そしてどれぐらい具体的な内容で僕を導いてくれるんだ?どれぐらいの長さ(時間)診察を受けれるんだ。

どうせ行っても無駄なのかなっていう思いが拭えない。でも僕はまだ精神科は二つしか掛かってない。最初は1年半とかかな。次のは3年半ぐらいか。


まだ僕の知らない、僕にあった医者がいるのかもしれない。
それって幻想なのかな。「理想のパートナー」を探して婚活をする人達と同じような感じなのかな。


それでもやらないよりかはマシだろう。まだ二つしか病院に行ってないし。
どうにかなるといいなあ。死にたいなあ。つらい

前の記事へ 次の記事へ