逢魔時奇譚【30話(41)】
カツン…、れいなから離れ、彼女の姿が見えなくなった誰も居ない廊下の角を曲がった直後…。グッ!!力強く両手でガッツポーズ。今迄の平然振りが嘘のように顔は赤面しているし冷や汗がダラダラ流れ出すし、彼らしかぬ笑顔全開。
ーーッシャーー!!やっと"出掛ける"まで漕ぎ着けたー!!ちょっと強引だったか?!まさかバレていねーよな?いや!大丈夫だろ!同期として同じ部隊の隊員として出掛けるっつー感じにしか思ってねーだろ!?何せアイツはポンコツだからな!ーー
1人でテンションが高過ぎて寧ろ別人な聖弥は26日に出掛ける店探しをスマートフォンを使用して早速開始。
「祓本部周辺のキャラメルマキアートのパンが美味い店、店ー…。つーかあいつにデートの予定があったっつーのは、何いつの間に誘っていやがるんだよボンクラぶっ殺されてぇのかっつーくらい相手の野郎がムカつくけど、デートが27日でセーフじゃね!?その前日の26日に俺があいつの気を惹かせれば27日の予定はおジャンになるワケだろ?!ドタキャンされた上、あいつまで盗られて散々だなァ!?ザマァみやがれボンクラ!!何処のどいつだか知らねぇけど、祓エクソシスト史上初の速さ且ーつ!最年少で隊長に昇格したエリートな俺に敵う奴なんていねぇんだよ!ハハハハハハ!!」
誰も居ないのを良い事に、ガッツポーズをして高らかに笑いながら廊下をダッシュで駆け抜けて行く聖弥だった。
「きっめぇ」
一部始終を見て聞いて背後の曲がり角に居たのは碧。聖弥が去ってから顔を覗かせる。酷く嫌そうに顔を歪めて。
「あんなブスにあそこまでガチになるとか、頭イカレてるんじゃねーの?悪魔に弟子入りした上、人間と天使から産まれた堕天使なバケモノのクセに人間様の生活満喫してんじゃねぇっての。早く死ねよ神堂」