逢魔時奇譚【14話(5)】
「…!」
母の前に手が差し伸べられた。奏だ。
「…あの…。大丈夫…です…か…怪我…とか…」
「良いよ良いよそのくらい大丈夫だよぉ〜」
ぐいっ、和夫の太い腕に掴まれてしまい奏は引き摺られるように階段を登っていく。
「あんな汚いババァは放っておいてぇ〜早く一緒にゆきにゃんを語り合おうよぉ〜」
「あ…。ありがとうね、坊や…」
奏の瞳には廊下で座り込み俯いて悲しく泣く和夫の母の姿だけが映っていた。

2階、和夫の部屋ーーーーーー
私服まで由輝の顔写真シャツを着ているから、自室は一面由輝のポスターやグッズでいっぱいかと思っていたが、グッズらしきものが一切見当たらない極普通の室内に、逆に奏はおどろかされた。ベッドに腰掛ける奏。正面に居る和夫が机の引き出しから何かを探している様子が伺える。
「…あの…家族を…蔑ろにした…お金で…応援されて…も…。神堂…さんは…喜ばない…、と思います…」
「……」
ガサガサ、まだ和夫は背を向けたまま引き出しの中を漁る。
「…僕…は…、お父さん…と…お母さん…が…もう…居ない…から…。2人…揃ってる…貴方が…すごく羨ましい…です…。…神堂さん…も…両親が…居ない…から…、きっと…貴方を…羨ましい…と思い…ます…」
「……」
「…だから…正義感の塊で…真面目な…神堂さんは…余計…、貴方がしている…事を…悲しく…思う…筈…です…」
「……」
「…同じ…神堂さん…ファン…として…、お父さん…と…お母さんを…蔑ろにする…のは…もう…やめて…下さい…。お父さんも…お母さんも…、貴方の大好きな神堂さん…も…皆が…悲しむだけです…」
「だぁれが正義感の塊でぇ真面目なアイドルだってぇ??」
「え…、」