逢魔時奇譚【5話(6)】
「それにー!HRE26総選挙万年下から数えて1位の不人気アイドルは、右手切断をキッカケに引退した方が良くなぁいー!?」
「万年最下位って事は誰も応援してない〜つまり〜!居なくなったってファンは困らないって事〜!キャハハ〜!」
天音以外のメンバーが全員バタバタと控室から出て行っても、廊下からは彼女らが天音を嘲笑う笑い声がまだ聞こえる。
1人になった静まり返った室内。ずっと俯いていた天音。
「だああああああーーー!!うるせぇんだよクソメンバー共があああああーー!!」
ガシャアン!!思い切り椅子を蹴飛ばして、叫ぶ。目を見開き、額に青筋を浮き上がらせた天音は由輝の姿をしているが、中身は天音。メンバーが居なくなったのを良い事に本性を露わにし、怒り大爆発。