終焉のアリア【40話(13)】
「だから俺らに負ける?」
カツ、カツ、MAD達に笑顔で歩み寄ってくるハロルドから後ろに伸びる漆黒の影にも似た翼がゾゾッ…と音をたてながら、現れる。
「ひぃ…!?」
「あの地球人ただ者じゃねぇぞ!?」
辺りに羽が舞う度、スパン!スパン!とMAD達の首が跳んでいく。
「僕達はまだ負けていないよ?」
漆黒の翼はどんどん拡大し、奇妙な形に変形しながら伸びていく。