夏の夕方。
焼ける空、侘しい蝉の声、ぼんやりとした部屋、くすんだ空気

どうぞ甘酒ですよ


透き通った雰囲気の綺麗な月師先生が笑う
その光景に僕は見とれる