「国の滅びのメロディーは地方の歪みから始まった。
地方の歪みの音は遠く都心までは聞こえなかったしかしそれはクレッシェンドのようにやがて大きな足音ととなり…国は跡形もなく崩壊した」