斬る度(夜都とは同居で、私が寒がりなのでいつも一緒に寝てもらってますが…
色気事が足りません…はて)

その夜

夜都「お風呂行ったし今日は寝るです…
あっ!狐のぬいぐるみさん!
斬様最近出してくれてて嬉しいな
一緒に寝るです」
夜都(斬る度が化けた狐のぬいぐるみさんを抱きかかえて寝)

斬る度(ドキドキです!
何だか色気事とは遠い気がしますが…
これはこれでよしです)

翌朝

夜都「おはようです
あれ?狐のぬいぐるみさんは?」
斬る度「しまいました
また出しておきますからね」
夜都「わあいです!
キルティって名前付けたです」
斬る度「キルティ!?有難うございます」
夜都「何故斬様がお礼を?」
斬る度「私が用意したぬいぐるみですからね」
夜都「そうですか
キルティまた出しておいてください♪」
斬る度「えぇ」