龍夜は吸血鬼の皇帝の父と人間の母の間に生まれた子
ただ、吸血鬼の血筋と人間の暗い心の部分を利用して転生した悪魔の皇帝なので自分は吸血鬼でも人間でもない、悪魔なんだと思ってる
吸血鬼の父は龍夜は吸血鬼だと言ってる。
それがちょっと嬉しい

大人になって記憶を戻した龍夜は昔、悪魔の皇帝の自分の血と吸血鬼の皇帝の血と闇狐の皇帝の血でできた結晶の月魄という神様の存在を思い出す

そのときには月魄は人間的な姿から結晶化しており、それを盗み出し、闇狐の皇帝に頼んでその結晶を人間的な姿にしてもらい、斬る度と名付け育てる


斬が幼い頃に天使に襲われ魂の7割封印される
そのため眠る時間が長い
それまでは医者として働いていたけど長時間働けなくなり好きなときに参戦できるゲーム戦争のプレイヤーとして働いている