年越しそば


年越しそば。
一年の終わりと始まりを感じますね。
いつだったか、エビ天を買いに行くのが遅くなりどの店にもエビ天が無くて困ったことがありました。
それで早めに年越しそばの材料を買いに行きました。
あの時エビ天どうしたんだろう?
もう覚えてませんが。
今年も色々あったなあ。
そんなことを思いつつ

この記事はこの辺にて!

年末納まり猫


年末keつおさめ。
このフォルム、最高です

iPhoneから送信

今年一年有難うございました!

今年、ブログをご閲覧下さった方々、
拍手を下さった方々、
本当に有難うございます!!
来年もどうぞよろしくお願い致します!!

退院編 創作小説

?朝、綺月は目が覚めるとシェリーを抱える格好になっていた
(健全な男子ならこのまま…てとこだな)
綺月はそう思いつつ起き上がる
すると枕元にプレゼントがあった
(うっ!これは!?
そうか、今年も来てしまったか、そうだな、18歳は随分前に通り越して1万歳だ。
しかし私は…)
この世界のサンタさんは基本17歳までプレゼントを贈ってくれる。
18歳以上の場合は大人の未経験者のみプレゼントを贈るのだ。
つまり18歳以上かつ経験済みの者にはプレゼントは配られない。
綺月は…1万歳だが誰とも結ばれたことがない
故に。
「はあ。」
思わずため息をつく。

「ん、どうしたの綺月?」
「シェリー!あっ、えと」
プレゼントを思わず後ろに隠す
「何隠したの?…あっ!昨日クリスマスだったよね!」
「うっ!」
「サンタさんからのプレゼント!?
いいなあ!見せてよ!」
「シェリー…」
は来てないのかって聞きそうになったが慌てて黙る
シェリーはもう経験済みだ、サンタさんからのプレゼントは無い

「退院…してからな」
綺月はサンタさんの手紙をシェリーを見せる

"親愛なる綺月様
プレゼントは退院してから開けてください
サンタ"

「退院…いつくらいになるかな?」
「今日か明日くらいで帰れるだろ」
綺月は微笑む
「うん、だといいね」
シェリーは綺月を見、そしてサンタからのプレゼントを見る

(綺月、ほんとに恋人とかいたことないんだ…すごく美人だし、優しいのに…
もしかして釣り合う人がいなかったのかな
それだと僕は…)

綺月に釣り合ってるだろうか、
シェリーはふと不安になる


雪は今も静かに降っている…


続く…予定





消えた思い出の写真 退院編

?そうルナが言うと黒い渦が彼の中心を舞い出し、
やがて跡形もなく消えた

「何だったんだ…
とりあえず杖は…シェリーに見られると面倒だな
…杖よ、私が呼ぶまで消えていろ」
ふっと杖が消える

「さて、シェリーを呼ぶか」


その頃シェリーは…憩いの場でジュースを買い、椅子に座って机で待っていた
「綺月…」
こういう暇なときはついスクリーンや本を見るのだがそんな気分でもない
綺月のことが気になるのだ

突如、スクリーンが目の前に現れる
そこに綺月が写っている

「綺月!」
「すまない、待たせたな、もう戻ってきていいぞ」
「うん!戻る!」

シェリーはすぐにジュースを持ったまま綺月の病室に向かう


「綺月!」
病室に行き、綺月の顔を見てシェリーは安心する
が、
「綺月、何かあった?」
ふと、向かいにあった病人のベッドが消えていることに気づく
綺月の顔も先より少し青い気がする
「ああ、向かいの方は退院されて、個室になったようだ
この病院は自由空間型だからな。
アプリから病院の異空間物置き場に色々物を置けたりする。
空間の出現や消去ができないような旧式ではない」

「他は?何か無かった?」
「いや」
綺月は言う
「そっか…」
しかしシェリーは何か違和感を感じる
それに闇の魔法のにおいもかすかににおうような…

「綺月、今日僕、この部屋に泊まるね」
「ああ、そこに泊まり用の簡易ベッドもある」
「あ、うん!」
シェリーは少し寂しい気持ちになる
一緒に布団の中で寝ることを期待していたのだ

「綺月、身体はどう?まだ動かしづらい?」
「いや、トマトジュースのおかげでかなり動かしやすくなった。有難う」
「そっか、良かった」
シェリーは綺月の布団に入っていく
「シェリー!?」
「えへへ。両想いだもん
これくらい、いいでしょ」

「シェリー」
綺月の青白い美しい顔がほのかに紅に染まる

「お休み、綺月」
ちゅ、とシェリーは綺月にキスをして眠りに入る
突然のことに硬直してしまった綺月をさしおいて


窓の外からかすかなジングルベルの音が聞こえる



iPhoneから送信
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
 月†柩さんのプロフィール
系 統 おとなしめ系