夜都「シチュー作りたいから足りない野菜、かぼちゃ、ブロッコリー、じゃがいも、人参、玉ねぎ3つずつ通販です!」

注文内容「かぼちゃ、ブロッコリー、じゃがいも、人参、玉ねぎ段ボール1箱500個入り×3 支払い完了」

後日

斬る度「ただいま、夜、何ですかこの段ボールの山は?」
夜都「シチュー作る予定が注文ミスっちゃったです…」
斬る度「私、底無し胃袋なのでこれくらいの量の野菜入ったシチューくらい食べれますよ
肉があると尚いいです」
夜都「えっ!?では作ります」
斬る度「待って、主要城から離れた国は貧困で困ってる方々の施設が沢山ありますから寄付しましょう
肉も付けたほうがいいですね」
夜都「はい!斬様優しいです♪」

寄付後

夜都「斬様、シチューできたです」
斬る度「有難う、肉と野菜各100個入りですか」
夜都「普段足りてないのかなって」
斬る度「そんなことありません。
普段は普通の量でお願いしますね」
夜都「はいです!!」


*
お読み下さり有難うございます!
斬る度、まさかの底無し胃袋ということが判明です。
寄付された施設では暖かいシチューが振る舞われました。
主要城は人が多いので夜都ちゃんは普段通販頼りです。この世界は超未来なので注文確定後一瞬で荷物が届きます。
ここまでお読み下さり有難うございました!