ツーショ 投票感謝*




投票有難うございました!!
まさかのランクイン!
感謝&嬉です!



綺月 シェリー 執事 会話 紅葉狩り 綺月の手作り料理

紅葉狩り と 手料理


綺月「秋だな。紅葉狩り行こう」
シェリー「うん!」
綺月「弁当はこっちで用意する」
シェリー「(綺月のお弁当!?)わ!嬉しい♪」

紅葉狩り

綺月「綺麗だな、紅葉って。
この辺で休憩しよう」
シェリー「お弁当食べたいな♪」
綺月「ああ、いいぞ」
シェリー「わあ!すごく綺麗なお弁当!サンドイッチ!
味も美味しい♪」
綺月「だろ。私の執…いや友人の守綺が作った弁当だからな」
シェリー「ぶふーーー(綺月の顔に食べ物吹っ掛け)」
綺月「ど…どうし」

シェリー「僕、綺月の手作り料理食べたい!」
綺月「えっ!?私の??」
シェリー「うんっ!」
綺月「分かった…今度作る…」



綺月「おい、守綺、」
守綺(綺月の執事)「どうされました?」
綺月「私に料理を教えろ!!」
守綺「えっ!?わたくしの料理が不満ですか」
綺月「そうではなく。シェリーに手作りの料理を作りたいんだ」
守綺「畏まりました…坊っちゃま(寂しげな顔)」
綺月「早速取り掛かるぞ…」
ガタガタガチャンドカンジュウウウ(焦げたニオイ)

1ヶ月

綺月「…なかなか美味くいかないな。」
守綺「いえ、だいぶ上達しましたよ。
シェリー様に召し上がって頂いては?」
綺月「うむ」

守綺(まだまだ下手な料理…このレベルの料理を出したら…まずい!と嫌われるか、頑張ったね!と好かれるかのどっちかですね
シェリー様との恋路を応援しつつふられることを祈るわたくしの賭け再開です!)




シェリー「わあ!この料理、綺月が作ったの?」
綺月「ああ…コゲテルガ(片言)」
シェリー(綺月、指絆創膏だらけ!
一生懸命作ってくれたんだ…)
シェリー「有難う、綺月」(綺月を抱き締め)
綺月「わわわ!冷めるぞ!料理(ドキドキ)」
シェリー「うんっ!」

シェリー「見た目悪いけど美味しい!!」
綺月「見た目悪いは余計だ!」

守綺(……いい展開になってしまいました…応援しつつふられることを祈る賭け…今回はわたくしの恋心の負け…
次はどうしたものか…)



シェリーと綺月の恋、応援してるけど複雑な守綺。
綺月はそんなことも知らず平然と料理の教えを守綺に乞います
シェリーは守綺の綺月への想いに何となく気づいてるかもしれない
三角関係、どうなることやら。

焼そば屋 コーデ



宝石王国の王様、焼そば屋でアルバイト

怪盗用資金が沢山要るんです
最近カ○ノは控え気味…かもしれない
そんな感じの王様

イラスト 進行

前から描いてるイラスト、色塗り段階に突入。まだほんの始めらへんだけど。
それと前からラフだけ描いてあったのを清書段階。


漫画の方は完全に止まっちゃったなあ
習慣化したらいいってよく見てるブログにあったから習慣化心掛けたい。
フェルト、イラスト・文を書く辺りは習慣なんだろうけど
まあ気負うことなく趣味を進めていこう


綺月 執事 会話 恋愛相談は守綺にお任せ

執事「坊っちゃま、恋愛相談ならわたくしにお任せを」
綺月「断る。お前に相談して実った試しがない」
執事「まあそう仰らず…応援しております」
綺月(嫌な感じだ)

執事(坊っちゃまが身分の低いわたくしを振り向いてくれることはない…
せめてまたふられてずっと独身でいてくれますように)
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2018年08月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
 月†柩さんのプロフィール
系 統 おとなしめ系