設定 学園系の

何か部活の話(+恋愛話)とか書きたいけど書ける自信ない



鏡戯狐(キョウギキ)

人間と結婚する為何年もの間同じ高校にいるお稲荷さま。
流が好き。
(高校にいるのは大学が市内に無いから)
地元のお稲荷さまの後継者だけど何故か神力がかなり弱く気にしてる
容姿端麗、性格はミステリアス。
不思議な感じで静かなタイプ


流(リュウ)

明るくて優しく、しっかり者
一緒にいると何故か安心するタイプ

月師先生の治療代は

月師先生は軍医なので軍の人に対しては治療費は要らないんだけど他の患者さんに対しては「治療費はお気持ちで構いません」と言っていて、患者さんからのそのお気持ちが半端ない額だったり、美術品だったり。
勿論逆にちょっとしたものだったりすることもあります。
あくまでその人が払える、払いたいお気持ち。


ちなみに軍刀が時々公共の物を壊してしまって相当な額がかかるので持ち主の雪師の代わりに月師先生が負担したりする。
雪師はできるだけお返ししようと努めてる。

誕生日、斬の自作小説

ヤビ*私は23日とチマミレは13日が誕生日なんだよ。

浴血*みんなー料理作ったぞ!
それからこれ、靴プレゼント

ヤビ、チマミレ*いつも有難う兄さま。

斬 *私からはヤビに画材とチマミレにランプです。
それから自作小説です。

ヤビ、チマミレ*有難うございます!!

斬は毎年4月に小説を発行してます。
といっても出版でなく発行というか、
自主製作本、つまり創作の同人誌のような、あるいはそれです。
非売品で毎年知人とかへの誕生日にプレゼントしてます。

初めて知り合った方には過去分もプレゼントしてます。

主に推理小説。
たまに綺麗な詞のようなものも書いてたり。

龍夜

龍夜は昔はちょっと感情が欠落してるタイプだった、てどうかな。

でも斬の面倒を見たり気になる人ができたりして段々好きとかそういう意味が分かるようになった、て設定


ちなみに斬は月の神様なのでほんとは神の世界にいないと(連れ戻されてしまった)だったんだけど
龍夜がこっそり誘拐してしまった。
誘拐といってもある意味ではちゃんと彼の子供。

斬と父上。

幼い頃の斬「キュー!」
龍夜(斬の父)「父上先生大好き…大好きって何だ?難しい言葉を知ってるな、斬は」

前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2016年08月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
 月†柩さんのプロフィール
系 統 おとなしめ系