捧げもの 流戒良様へ

こんにちは、流戒良様の小説
「華桜戦記」
のダイナさんが気に入ってしまい、メールで「どうか描かせてください!」と企画もないのに頭下げながらお願いさせて頂いたところ、快くお受けして下さいました//
いやー。自分からお願いしたの初めてです(^◇^;)
前々から綺麗な艶やかな色遣いで、キャラも個性的でいいなぁと思い灰紅蜃気楼にはない和がありと描いてみたかったのです//
しかし、藤に時間がかかってしまったくせに藤に見えないのと容量が重たすぎて、縮小し画像が荒く申し訳ないのと申し訳ない気持ちが交差してます。反省してます(;´д`)
だけど、楽しかったです//描かせて下さいましてありがとうございました!




私が描くと

おはようございます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
杏様のEx大好きすぎて死にそう。もう描きたい!ってなっちゃって、徹夜して描いちゃいましたよ〜★最近ずっと、カノンくんとなっちゃんばっかり描いてるのでアッシュとトゥールシャとネロちゃんとラピス描いてみたのですが
なぜかこうなるネロちゃんとラピスくん。
もっと美しく優美に描きたい。まだまだ練習が必要ですね(≧∀≦)
勿論杏様に許可頂いてお子様お借りしてます(≧∀≦)本当素敵なサイト様なので是非お立ち寄り下さい★

で。

こうなった笑

御返しに

杏様から素敵な漫画を頂いたので、トゥールシャお風呂あがりでナタリーちゃんとカノンくんをお描きしました(≧∀≦)
カノンくんはたいへーん素晴らしい心遣いの持ち主なので、こんな感じで描いちゃいました(^◇^)

春うらら作品2お返し

夢羽愛「まあ、可愛いのはそうだね。あたしの国に来な。三食昼寝つきだよ」

タル「実はこの人。世界最強の国のお姫様やねん。内緒やで」

濔音「確かに、美しいし、可愛いね。僕も妖になってみたいね。」

夢羽愛「あんたがなったら、シャレになんないからね」

タル「せやで、君、紫木月やもん。殺人鬼で、妖って最早人類滅亡やから」

濔音「‥分かったよ、じゃあ僕はセーラー戦士になるから」

タル「いや、無理やて」
前の記事へ 次の記事へ