結婚記念日と最近


話題:記念日♪

今日で結婚式をあげてから4年が経ちます!5年目突入!


けー君は入籍日忘れたり、結婚式の記念日間違えたり、いろいろやらかしてくれてますが、とりあえず金曜日にディナー予約してくれたから文句は言わず黙っときます

それから、前回投稿していたぽん君の精索水腫
先月OPEしてもらいました。全マで。
結局鼠径ヘルニアも合併していたかもですが、根治術をしてもらい経過良好です

あと、最近暑すぎる日が続くので、海へ行ってきました
海に浸かっとると暑さも和らぎます!気持ちかった〜
ぽん君は一度頭から浮き輪ごとひっくり返りましたが、泣かず、すっぱーー!(しょっぱい)とぼやいてました
結構深さのあるところだったので焦りましたが
楽しかったね
海も砂遊びも楽しかったって行ってくれて嬉しいな

謎のしこり【2】


話題:子供の病気

ぽん君の病名は【精索水腫】というものでした


精索水腫とは...
お母さんのお腹の中にいるときに腹膜が鞘状に飛び出したも の(腹膜鞘状突起)が引っ込まないで残った状態で,その鞘状突起に腸などが入ると鼠径ヘルニアになりますが(鼠径ヘルニア),水が貯まると水腫 になります
陰嚢に水がたまることを陰嚢水腫,鼠径部に水がたまることを精索水腫といいます


私は鼠径ヘルニア、陰嚢水腫は知っていたけど、精索水腫については全く知りませんでした

ちなみに、精索水腫、今のぽん君の状況ではあまり痛みもないし特に問題はないのが一般的みたいです
ですが、精索水腫は鼠径ヘルニアになる可能性があるそうです
この年齢で鼠径ヘルニアになってしまったら経過観察で治る可能性は低いそうです(新生児の鼠径ヘルニアは治ることもあり)


で、鼠径ヘルニアは嵌頓と言って、腸が締め付けられてしまうことがあり、そうなると事は重大になってしまうので、そうならないために、手術をして、腹膜鞘状突起を縛って閉塞させ、水腫になってしまったり、ヘルニアにならないようにしてしまうということをして根治させるというものです
その際は、全身麻酔下で左下腹部、鼠径部のやや上から2センチほど切開しての手術となるようです


客観的に看護師の立場から見れば、簡単な部類に入る手術なんだろうなと思います
ですが、我が子となればこれは話が別です!
全身麻酔にだって合併症のリスクはゼロじゃないし
手術自体、男の子は精管を傷つけてしまうリスクだってあります
親なら、低リスクでもリスクはリスク
ちょっとのリスクの可能性さえ本当に怖いです


そして、実は今日のエコーで分かった事ですが、、、
触診では全く分かりませんが、実は右にも少し精索水腫の所見が見られるようです


これは先生ともけー君とも話し合いましたが、とりあえず今回のOPEは左のみでいこうと思います
右は左のように明らかな症状が出たら再検討しようと思います
先生によると無症状でも実は精索水腫という方は意外といるそうです
そういうわけで、症状が出ないということもあるので、今回は左右いっぺんにOPEをして精管損傷のリスクを少しでも下げたい、いざという時でも大丈夫な精管を残しておきたいという思いがあり、左だけとしました


先生としても左はOPE適応ではあるが、右は微妙といった所のようです


今回の受診では手術の日程までは決めずでした


予定ではこの7ー8月あたりでやる予定です
手術は、木曜日に入院して、同日にOPE、そしてその日は入院し、翌日に問題なければ退院だそうです
保育園は創部の感染のリスクがあるので、1週間はお休みの予定、1週間後の創部の確認の受診後から登園予定となります
あとは手術の週の火曜日に術前検査です


火曜、手術から次回受診までは仕事が休めるか、職場と調整してから日程は決まります(まぁ、パートなので大概はいけると思いますが)
あとは退院後の1週間は、私の母もヘルプで来てくれそうなので、様子を見て出勤できるかもですが
しばらくは付いていてあげたい


ただ、イヤイヤ期真っ盛り、やりたい事は全部やりたい、外遊び、水遊び、泥んこ遊び大好き!なぽん君が1週間お家で耐えられるかどうか、、、
まず無理だろな
今は全マOPEで1泊でいいの?とビックリしたけど、早期離床の今だし、子供のストレスを考えたらそうなるよなぁと納得!


大事な我が子のお腹に少しでも傷がついてしまうのは本当に嫌だし、危険な事もしなくないっていうのが本音だけど、悪性なものでなかったというだけでも本当によかった
私は大変でもなんでも、ぽん君が元気にしててくれるのが一番


ちゃんとサポートして、ぽん君の負担がちょっとでも減らせるように頑張ります



それにしても、いくら看護師だと言っても、自分の家族、ましてや大事な息子が病院のお世話になると全然違った世界が見えます


看護師として、当たり前と思って関わっていたことが、ちょっとしたことでも全然当たり前に感じられない
全てが不安になります


病気的には大したことなくても、あらゆるリスクが本当に心配になるし、不安


仕事の忙しさにカマかけて、そこまで仕事の時に患者さんや家族により添えていたのかな?と思ったりもしました




そんなことを思ったり、バタバタとした週末でしたが
今のところ、ぽん君はしこり以外元気元気!!
なんなら、受診の時から珍しい場所にテンション高めでした


そんなぽん君が大好きだよ

ママが絶対ぽん君守るからね!手術の時はいっぱいヨシヨシしてあげよう!





謎のしこり【1】


話題:子供の病気

前回記事の家問題もまだ何も進まずですが、またある問題が、、、


6/7夜、私がぽん君とお風呂に入っていたときのことでした

いつも通りぽん君の体を洗っていて、おちんちんも洗っていたら、左の鼠径部おちんちんのやや上あたりに固いしこりに触れたのです


え、、、何これ、、、


嫌な予感がして触りまくりました


当然嫌がるぽん君

これでも医療職の私
自分の持てる知識をフル活用しましたが、、、


位置的には鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸)
ですが、触り心地が全然違います
柔らかくないし、ウズラの卵大のコリッとした固いもの
鼠径ヘルニアでも嵌頓を起こしていれば硬くなることもあるらしいけど、あまり痛くなさそう、、、
痛みについても、右も左も痛いと言って見たり、普通そうだし、まず嵌頓なら激痛だから通常営業のぽん君にはありえない

次に考えうるのが、リンパ節炎
でも怪我とかのそれらしい原因が見当たらない、、、
熱もないし、風邪もひいてないし

え、じゃあ腫瘍?
私の持ちうる知識で消去法で行ったら腫瘍になってしまう
そんな考えに行き着き、若干血の気が引きました
まさか悪性腫瘍とかじゃ、、、


まさかまさかと思い、きっとどこからの感染か分からないとかいうタイプのリンパ節炎だろうと自分に言い聞かせ、その日は寝ました


6/8やっぱり不安で早くすっきりしたいと思い、仕事を休んで午前中にかかりつけの小児科へ


「大丈夫だよー」と言ってもらいたくて、土日に入る前に安心したくて行ったのに


いざ、診察室で先生に診てもらうと、いつもヘラヘラした感じ先生がいつになく真剣
そして「あれ、ん?」といつもより時間のかかる診察に、といつもと違う先生の表情でどんどん私の不安が募り、、、


そして「お母さん、これはおかしいね。すぐ紹介状を書くから、土日入る前に大きい病院で診てもらおう」


そう言われて、先生と看護師さんがバタバタと準備をし始めました


私は"腫瘍を疑われてるんだ..."と思い、一気に不安に押しつぶされそうになりました


診察終了が10:30
紹介先の病院の受付は11:00まで
そんなにめちゃくちゃ遠いわけではないけど、普段は30分でつける距離じゃない
今日ばかりはもう、信号ですら煩わしい
怖いけど、土日挟む前に診てもらわなきゃ!
と、近くを通ってる高速に乗り、ギリギリ5分前に紹介病院へ滑り込みました


こんなに元気にしてるぽん君なのに、悪性腫瘍だったらどうしよう
病院に行って、すぐ治療になったらどうしよう
悪性腫瘍で、これから元気なぽん君を見れなくなったらどうしよう
ぽん君、死んじゃったりしないよね、、、


大っきな大っきな不安が私にのしかかります
でも、しっかりしなきゃ!
私がしっかりしないでどうする!
今は私一人、けど誰かに頼ってる時間もない
誰かに連絡してる時間なんてない、私がすることは早く大きい病院にぽん君を連れて行くこと!


不安と責任感との葛藤をしながらの移動でした


紹介病院で受付をして、待っている間も楽しそうに走り回るぽん君
まるで病人には見えません
元気に動き回るぽん君の様子を見て、なんとか冷静を保てていました


身長、体重測定をしっかり気をつけをしてピシッと立つ様子も初めて見ました


そして、30分くらい待って、いざ診察室へ、、、


結構年配のベテランそうでよく喋る先生でした
まずは簡単な問診
そして、エコーへ
看護師さんと私で上半身と下半身をしっかり押さえて、抑えられるのが大っ嫌いなぽん君は大泣きでした


私も押さえながらエコー画面と先生の表情を凝視でした


エコーはイマイチ見方が分からないけど、悪性腫瘍は表面がデコボコ不形成なイメージなのだけど、エコーに写っていたのはつるんとした楕円の球体


デコボコしてないことで少し安堵する私


それから先生からの説明でした

ぽん君はゴソゴソが半端なく、私が話を聞けるような状況でなかったので、綺麗でかわいい看護師さんが遊んでてくれました


まずはやはりしこり部分には何かあるとのこと
とっさに「悪いものではないですよね?!」と聞いていました
結論から言うと、悪いものではありませんでした!
「悪いものではない」
その言葉だけで不安という重しがスッと消えました
でも病気は病気です


長くなるので次の記事に詳細を書こうと思います









悩み

ダラダラ長くなりそうですが、本気で悩み、病んでいます
話題:悩み

そろそろマイホームについて考え始めました
しかし、問題は「どこに住むか」です


基本情報として...
●住んでいるところ(T市)まぁまぁの田舎(鹿出る)
最寄りの駅徒歩45分くらい
周りに知っている人はいない(ママ友もいない)
公園がない
実家から高速使って車で1時間半から2時間程
●私の実家(K市:今住んでいるT市の隣県)
土地価格が上がってきていて、現在人気急上昇の町
電車で20分で名古屋に行ける
最寄り駅徒歩20分
地元友達は多い(ママの子が多い)
親戚も近くに何人か住んでいる
公園が多い
●けー君の実家(I市:いま住んでいるT市と同県)
田舎だけど観光地
義母が一人で住んでいる
最寄り駅不明
T市から車で1時間
私の実家K市からは高速使って車で2〜3時間


選択肢はこの3つの町です
が、私はけー君の実家だけは断固拒否です
ずっとこのブログを読んでくれている人がいるならばご存知かもですが、私と義母はあまり相性が良くありません
価値観とか、いろいろ感覚的に全く合わず、何度もぶつかり合っています
義母に耐えかねて、実家に帰りたくてすぐ帰れる距離じゃないのですし
ここに住む可能性は限りなくゼロにちかいですが、住むとしても土地を持っていないので分譲地とかになるでしょう


選択肢としては今いるT市か私の実家のK市です


けー君は義母が一人で暮らしている上、体があまり丈夫でない(昔ガンでOPEし今は寛解)ので、何かあったら駆けつけれるところがいいそうでT市希望です。K市じゃ遠いとのこと。そして県が違うと仕事で試験を受け直さなくてはならない。ただし、職業は変わらず、試験内容は面接と実技。
ちなみにT市に住むなら、やはり分譲です。


私は実家のK市希望です。
なぜなら、両親や親戚も近いので、サポートも手厚いです。
ママ友もいるし、地元の友達もいます
ベットタウン的なゆったりしたところだけど、すぐに都心に出れるし、交通の便もいいです。
医療も整っていて三次救急が近場に3つあり、たらい回しは絶対にありません。
なにより、うちの実家は割と広めの土地があり、土地購入の必要がありません。
今はその土地に両親が2人で住んでいますが、広すぎると。
近々妹夫婦がそこに入る予定みたいですが、私たちが帰って、両親の家、妹夫婦の家、私たち家族がそこに3つ別々に家を建てたとしても一つ60〜70坪くらいはもらえます。
まだ確定ではないけど、親は死ぬまでは固定資産税は払ってくれると言ってくれています。
もし、ここの地域で土地買って家を建てるとなると5000〜7000万くらいするらしいです。
家だけだったら2000万位で立つ。他の地で分譲で家建てるとなると3500万から4000万くらいなので、断然安いです。
土地に関してのデメリットといえば、親戚同士が近くに住むので、喧嘩した時にちょっと厄介かな?今は円満です。


私の目線で書いているので、どうしてもK市寄りに書いてしまいますが、それでもK市が一番よくはないでしょうか?


ただ、けー君は何より義母に何かあった時が心配だから乗り気ではありません。
でも、もしその理由でT市に住まないといけなくなったら、ママ友もいない、頼れる親戚も近くにいない土地で、私は義母の何かあった時のためだけに、頼る人もない土地で子育て生活をしていかなくてはならないのか...と思ってしまいます。


もし、まだ子供が小さい時に義母が何かあったとして、駆けつけることになった時、誰が子供を見ていてくれるのでしょうか。保育園とか学校の時間外だったらどうするの?結局は実家の両親か妹夫婦に子供をお願いしなきゃいけなくなるのに?


私の実家だと、ちょっと離れてるかもしれないけど、子供はいつでもお願いする人がいるから、何かあった時に動きやすいのは私の地元に住むことだと思うんです。


ちなみに、今義母は一人で住んでいますが、実は義父はいます。不仲でずっと別居しています。そして、義母の家の近くに親戚が住んでいます(義母は遠慮していますが)
お義兄さんもいます。ただし、ずっと子供の頃から大学まで、義母の過干渉を一身に背負ってきたとかで、今はほっといてくれ状態になってしまい、東京か海外で仕事をしていて、年に2回くらいしか帰省しません。何かあったらまずはよろしくとけー君に言っていました。


しかも、実は義母が私一人で住んでますという情報は婚約して挨拶に行った時に初めて聞かされました。おうちのゴタゴタについては、結婚してから私から聞いてやっと聞き出した情報です。私もしっかり詰めてから結婚するべきだったと悔いる部分はありますが、後出しジャンケン感が否めません。
別にそういう家庭環境でも、それで私たちの住まいを決めるのに支障がなければ別に何もいうつもりはありませんでした。でも、すぐ言わなかったっていうのが確信犯的で嫌なんです。


こんなような話をけー君とずっと堂々巡りしています。私の地元のが、私にもぽん君にもメリットが多いことは分かる。でもオカンがな...とずっと言っています。


私は私で、今いるところで何とか気を張ってやっているつもりです。すぐに頼れる距離でないので、自分が病気になっても子供の面倒を見てくれる人はけー君以外いません。けー君も仕事でいないときもあるので、もう必死も必死です。けー君が病気になって病院に駆け込んだときも、まだ小さくてなく子供をあやしながら、けー君を必死に病院に連れて行きました。お休みの日なんかで、けー君が趣味ででかけたり、仕事に出て言ってしまったら、私はいつだって子供と二人っきりです。
たまにそんな状況が辛くて、実家に逃げ帰ります。でも本当に辛い時は車を走らせる気力も無くなってしまいます。
けー君も一応気にして、家事や子育てにすごく積極的にやってくらているのは分かるのですが、、、
私だって友達と遊びたいです。ママ友と子供の成長を喜びたいです。
家族も大事だけど、まわりのコミュニティも必要だと思います。私がママ友を作ればいい話なのかもしれません。育休中はママ友をつくりたいと思っていろいろ出向きました。私が人見知りなのかな、、、田舎だからか、周りはみんなお友達みたいな感じでなかなか輪に入れずで悔しい思いばかりでした。このまま友達がいないままだったらどうしよう?
頼れる人がいないなかで、ずっと子育てできるのかな?
孤独の中で家を建てたらずっと暮らしていかないといけないのかな?
地元以外で暮らすことに漠然とした大きな不安ばかりが募って、気持ちもずっと不安定です。

とはいえ、けー君は実は教師ですが、今の田舎ののほほんとした土地で田舎らしい子たちを相手にそんな人数も多くない学校でやっていますが、もし私の地元に来たら試験を受け直し、割と大人数の学校になるのて、変わった親や子がいたり、田舎ではなかったような洗礼を受けるかもしれません。
けー君はそわなヤワじゃないかもしれないけど、教師がウツになることが多いこのご時世。私のわがままで来たとして、いらぬ苦労をさせることにならないだろうかとおもってしまったり。


極め付けは、けー君の希望通りにしたら私が幸せになれず、私の希望通りにしたらけー君が幸せになれないんじゃないかと思えて来てしまい、、、


お互いに疲弊しきっています。


何が正しいか分からないや。こんなダラダラ長文読んでくれる人はいるのかな?


解決策が欲しいです。。。


二人目も欲しいけど、そんなゴタゴタモヤモヤで、全然踏み出せない。。。


時間だけが過ぎて行きます





☆2歳☆


話題:子供の誕生日

3月17日

我が家のぽん君が2歳になりました!
もう2歳かぁ〜
あっという間です


お誕生日当日は朝7時ごろに車で出発して、車でUSJに行ってきました

着いてすぐ、クルーの方が道に『ぽん君Welcome!3.17』と地面にお水アートを描いてくれたり、お誕生日のステッカーをもらって貼っていたのですれ違うクルーの方がたくさんおめでとう!と声をかけてくれました

人見知りのぽん君ですが、知らない人に声わやかけられ過ぎてか、途中から人見知りもしなくなってきてww


クルーやキャラクターとハイタッチもできるようになりました!


前々から、ミニオンのDVDをよく見ていたので、ミニオンにはすごく食いつき、自ら近寄っていって、あの人見知りのぽん君が...と母はそんなところに感動でした

ミニオンのキャラクターで一番大好きなのはグルー笑
グルーに出くわした時はものすごい前のめりで近寄って行ってましたww


あまり乗れる乗り物は多くないけど、キャラクターを見たり、何よりもフライングダイナソーとハリウッドザドリームを見るのが大好きで、「あっあっあーーー!!」と終始テンション高めで連れてきて良かったなぁと思いました

そしてその日はパートナーズホテルのユニバーサルポートにお泊まりしました

お部屋はパークビューでこれまたぽん君の好きなハリウッドザドリームが部屋から観れるので、閉園の21時までお部屋から楽しめました

部屋も広めだったしらお風呂もゆったり、泡風呂にできたので、アワアワにしたらぽん君大興奮すごく楽しそうにお風呂の泡を満喫しました

食事はイベントだからと気合いを入れると、ことごとく食べてもらえないことが続いていたので、特に何もせずw
ぽん君の大好きなフルーツたっぷりゼリーを誕生日ケーキ代わりに食べましたw


ぽん君の記憶にはまだ残らないだろうけど、楽しそうなぽん君が見れて本当に幸せでした

ぽん君、生まれてきてくれてありがとう
すくすく育ってくれてありがとう
毎日いっぱーいの幸せをありがとう
これからも元気いっぱいに育ってね
大好きだよ


ちなみに、なかなかおしゃべりが進まないぽん君でしたが、2歳を目前に急に語彙が増えました!
まだまだ舌ったらずで親にしか聞き取れないような言葉だけど、そんなとこにも成長を感じています
体力面では相変わらず、すごい運動量です

あと、実はずっと卒乳できずにいました
1年前、辞めれそうだったのだけど、保育園に入った途端、気持ちが不安定になったのか頻回におっぱいを求めるようになってしまいました
夜間授乳は虫歯のリスクもあるので、どうにかこうにか辞めれましたが、起床後、保育園後、歯磨きの前くらいのどこかでの授乳がなかなか辞められなくって...しかも結構頻回
おっぱい飲みたいというよりもおっぱいを吸うと精神安定みたいなかんじで...


保健師さんに1歳半検診で相談したら、2歳くらいになったらお話がわかるようになるから、説得したら辞められるかもとアドバイスをもらいました


それまでもおっぱいにちょっと怖めの絵を描いてみたりしましたw
一時的な効果はあっても長続きしませんでした
周りからも早くおっぱい辞めさせたら?と言われて焦ってみたり、でも夜間授乳さえしなきゃ虫歯のリスクも多少は減るしいいんじゃないかなと思ったり、いろいろ葛藤もしましたが...


こちらも2歳を目前に卒乳ができました
「おっぱいは赤ちゃんが飲むんだよ。ぽん君はもうご飯も食べれるしらジュースも飲めるからおっぱいはバイバイしようね」と言い続けたり、ちょっと生姜を乳首に付けてみたりw
「おっぱいまずくなっちゃったねぇ、もうお兄ちゃんになったしおっぱいまずいしバイバイしようか」
いろいろ言って、結局どれが効いたのか分かりませんが、今5日ほど辞めれています。このままいけそうかな。


それでも時々おっぱいを触ってきたり飲みたそうにしてこっちを見てきたりします。
もうおっぱいバイバイしたもんね。と言うと、口をへの字にして泣きそうな顔をしてこっちを見てきます。それが辛い〜でも私の言ってることも理解しているらしく、いややと言うときもあるけど、うん、うんと泣きそうな顔をしなが諦めてくれます。
泣ける〜


思えば、産後すぐにおっぱいが出ずに苦労し、やっと母乳が軌道に乗ったところで乳腺炎、その後哺乳瓶を嫌がり完母となり、体重が伸び悩んで悩み、離乳食が進まず、ミルクも飲まないので母乳頼み、歯が生えてからは何度もなんども乳首が切れ、いろんな経験をしながらなやみ、母乳に助けられ、おっぱいトラブルに悩みながらもやっぱり幸せそうにおっぱいも飲むぽん君を見るのが幸せだった。
生まれてすぐ、おっぱいを必死に吸ってくれたあの感触もまだ全然ついさっきのように覚えてる。


そんな思い入れのあるおっぱいだから、実は私もすごくさみしかったりする。
悩みに悩んだ2年間だけど、その分他の人よりもおっぱいで繋がる幸せも感じられたのかなと思ったりもします

2歳の節目、卒乳がいちばんわたしの中ではインパクトのある出来事でした。


ママのおっぱいを大好きでいてくれてありがとう。幸せをありがとう。これからはご飯をいっぱい食べて、元気にすくすく育ったね!!




ありがとうで溢れた2歳の誕生日でした

子供の成長は嬉しくもあり少し寂し切ないです
それでもやっぱりしっかり成長してくれることが何よりの喜びだなぁと実感しました
←prev next
カレンダー
<< 2018年08月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー