話題:ひとりごと

わたしが初めて死にたくなったのは
小5の時でした。

もしも母が兄弟差別をしてなかったら病んでなかったのではとか
父がああじゃなければ人生違ったのではないかとか
わたしが父に似てなければ母はわたしをかわいがってくれたのではとか
色々と考えるわけです。

小さい時は親が絶対の存在なのに
親が親らしい事をしてこなかったのです。
わたしに子供を育てられないと母は言いますが誰のせいなのか
子供を作る気はありませんが、言われてカチンときました。

明日はメンクリで母に会わないとです。
片道1時間半の道のり、何を言われるのか不安です。
また自分を作らねばならないと思います。

でも彼について言うのはやめておきたいと思います。
母は白黒なので黒と見たら
悪いようにしか言わないです。

元々人を信用せず疑ってかかる人なので
彼のことは最初から浮気を疑ったりしてました。
姉の離婚した元夫、元義兄が浮気で別れた事があってから余計です。
他人は信用できない。信用できるのは身内だけだと言ってました。

姉の件は姉も悪い所があったと思うのです。
彼は最初はネットで浮気してましたが
ここ最近は浮気なんてしません。
どんなに喧嘩しても浮気しません。

母よりよっぽど彼の方が信用出来ます。

そんな母に会うのが嫌です。
にゃーさまに会えるかもなのでそれだけを楽しみにしておきたいと思います。