19


庄頭豆花担
職場の人が借してくれたガイドブックに大きく紹介されていて気になったお店。
黒豆花にかぼちゃ・あずき・タロイモをトッピングしていただきます。
甘めにしてもらうのを忘れてて残念だったけどあっさりした味でおいしかった。



1回ホテルに戻って、荷物を置いてシャワー浴びて服を着替えて士林夜市へ。

有名なお店でしか食べてないけど全部美味しかった。
士林豪大大鶏排っていうお店で買ったフライドチキンがびっくりする大きさ。顔より大きい。
これだけはさすがにシェアして食べた。
あとはお互い食べたいもの食べて、最後に辛發亭でかき氷食べて終了。



マッサージに行ってホテルに戻った。



・3日目

次の日、旦那は仕事だったからこの日はお昼過ぎの便に搭乗。
観光はできないからホテルでゆっくりして時間までは駅や空港で買い物して過ごしてた。



今回は2泊3日で短かったけど、行きたい場所は行けたし、スケジュールもあんまり詰めずにゆっくりできたから良かった。
周りの台湾通の人におすすめしてもらった事や場所がすごく役立った♪



今週、沖縄の首里城が焼失したニュース観てショックだった。
私は行ったことあるけど、旦那は行ったことないから沖縄旅行行こーって話してたから。
もっと早く旅行計画するべきだった。はぁ。



でも、今年もまだ2ヶ月あるしどこか旅行行きたいな。
とりあえず台湾旅行はこれでおしまい。



画像3枚だけなのに記事も3回更新(笑)
大して中身ないのにすみません。
結構サイズも落としてるのにこの仕様どうにかならないのかなぁ

18

・2日目

すごくいい天気で暑い1日だった。
天気予報では雨だったけど全然降らなくて気温も高め。
着る予定だったワンピースはやめて夏服に変更して出発。




野柳地質公園
細長い岬には海水の侵食や風化、地質的な運動によって形成された奇岩群が存在し、絶景が見られるスポット。

1番有名なクイーンズヘッドが、あと数年で侵食により折れてしまうみたいで絶対見ておきたかった。
クイーンズヘッドだけでなくきのこの形や蜂の巣の形の岩等…色んな形に見えるからお喋りしながら散策。

17

また体調崩しました。
高熱が出て今週は仕事を1日お休みもらい休養。
本調子ではないけれど、少しずつ食べれるようになってきたし今日は1日家で身体休める。
時間あるからブログ更新。



先月の台湾旅行

GWに初めて台湾に行って楽しかったし近いしお手頃価格だしまた行ってきた。



・1日目

前回と同じホテルにチェックインして観光開始。

ホテルのすぐ近くに新しいタピオカミルクティーのお店が開店してた。
ミルクティー大好きな旦那はすぐ買ってた(笑)
すすめられて少し飲んだけど美味しかった。




中正記念堂
1980年に蒋介石を記念して建てられた建物。
敷地総面積は25万u。

とにかく広い!
衛兵交代式が行われる正面本堂まで遠い!
時間が迫っていて早足で歩いたから疲れたけど、無事に交代式も見れて帰りは色々と見学。

夕食を近くのお店で食べたからライトアップされた中正記念堂も見れた。
夜は学生や若い子達がいっぱい居てダンスしてたりお昼とは違う雰囲気だった。

16

・4日目
台湾最終日。
この日は職場の台湾好きな人におすすめしてもらったフルーツのお店へ。


陳記百果園
私はフルーツの盛り合わせ、旦那はマンゴーかき氷を注文。


新鮮なフルーツで美味しかった。
レモンとパイナップルのジャムも購入。



お土産を買ったり、空港で食事して日本に帰国。

旦那は主要の観光場所は全部行ってて、今回行った場所はほとんどが2回目なのに付き合ってくれて感謝。
「この道を行って写真撮るといい。」
「あっちに行ったらよく見える。」 
とあちこちでガイドしてくれたよ◎
そんな彼は毎日のようにタピオカジュース飲んでました(笑)

4日間の台湾旅行はすごく楽しかった♪
移動も電車やタクシーを使ってスムーズだったし、日本語も通じるから安心。
あと、どこも冷房が強めで暑がりな私には有り難い(笑)



やっとGWの事書いた〜。

今回の旅行は書き終わったけど、まだまだ行きたい場所もお店もあるから来月また行きます!笑
ちゃんと更新します。←

15

・3日目

この日は楽しみにしていた十分と九分観光。


十分では4色の天燈に願い事を書いて空に上げた。
上げる前にお店の人が写真撮ってくれたんだけど、一面ずつポーズ指定をしてくれた。
指示に従ってたら「合図したら手を離して。」って言われていつの間にかトーク入りの動画に切り替わってた(笑)

曇りだったけど空に上がったたくさんの天燈が綺麗だった。




九分
千と千尋の神隠しのモデルになった街。

ここが1番観光客が多かった。
着いたのは夕方だったから休憩して暗くなるの待ち。
提灯に明かりが灯ると雰囲気が変わって幻想的だった。
前の記事へ 次の記事へ