鬼灯の冷徹OPが

可愛すぎて。
しかも妙な中毒性が。あのキャラが流れてく所はんぱない。茄子唐瓜はもちろんお供達の尻がもう…!
個人的にはリリスと妲己がコンってやってるとこが1番可愛いと思う。その組み合わせはいかん。

そして"罪に合わせておもてなし"!ここがめちゃくちゃ好きなんですが。地獄流おもてなし、絶対されたくない。

内容はテンポ悪いなーと思って見てたのも途中から気にななくなりました。しかしテンポのいい掛け合いというのも見てみたい。尺的に難しいんだろうけどそこは譲らないで欲しかった。

そして全部持っていくエンディングの破壊力。いやもう何も言うまい(笑)

Clock Zero

いやもう、なんていうかもう…!
薄桜鬼以来の衝撃です。完全に泣かせにきてますよねそうですよね。
ひたすら切ない。なのに微笑ましくて温かいってなんだそれ。そしてまた切ない。どうあっても「今」が幸せなことが少し切ない。エンディングによっては恐ろしく切ない。
完全なめてた。ここまで各キャラの背景作り込んでたんですか。びっくりです。
そしてこのゲームを半分までやって二年近く放置していた自分にもびっくりです。

いや、最初三人のルートクリアしてうわあああああってなったことまでは覚えてます。
なんだこれ!面白い!泣く!かっこいい!的なもん色々ないまぜにしたうわあ。忙しくなったのか単にゲームに手が伸びない精神状態だったのかは覚えてませんが、とにかく時々は思い出すものの放置し続けたゲーム。
兎のレインが大好きだったゲーム。あの軽いしゃべり方も性格もめちゃくちゃ好き。

三日前くらいに起動して、からは完全ドはまりしてました。仕事行きたくないゲームしてたい。時間のある時にがっつりやりたい。

最初に理一郎とトラと円やったんですがそれはもう色々と衝撃で。
設定に無理がないですか?でも絵と世界観が好きだし気になるのでやる。それぐらいにしか思ってなかったのにドはまりですよ。多少ご都合主義なところには(そこまで気になるのはないけど)目をつぶり、大人びた小学生達にも慣れてくればほら不思議。最高クラスのゲームです。

人と人との繋がりが丁寧で、それぞれが抱える葛藤とか、いろんな過去があるからこその今とか。
あれだけバックヤードを埋めてるのにまだまだ書かれていない部分に考える余地とか残してて、そこらを考えるとまた泣ける。

重くても文章量が多くても、
私はきゃっきゃうふふ重さ?何それ?っていう乙女ゲーより断然こっち派です。
だってそれぞれに暗い部分があるからこそ和気あいあいしてるのが際立つわけで。平和な小学生時代には大いにニヤニヤさせてもらいました。
バカだ―!って笑いはもちろん。何だこいつら可愛いな。終夜に振り回されるトラはもっと可愛いなてな具合に。

特に円好きすぎた。可愛すぎる、ひねくれすぎてる。主人公との憎まれ口の応酬が好きです。
いいじゃないですか意地っ張りで我の強い主人公。今までのヒロインの中では一番きたかも。
扱いにくく癖のありすぎるメンバーのボケに正面から突っ込みを入れ時には受け流し、どんな時も前向きにぶつかっていく子。

そしてようやくルートをクリアした終夜と鷹斗。正直そんなに…と思っていたことが長らく放置していた原因かと思うのですが、やってみたら二人とも好きになりました。案の定うわあああああってなりました。
特に鷹斗は何が何でも一番最後に持ってくるべきです!全員クリアしないとルート解放されないぐらいで全然良いです。そして願わくば帰還を最後の最後に。

とりあえずショートストーリーやらなんやら大ボリュームなので全部見るにはまだまだかかりそうです。
万人受けはしないだろうけど、個人的にはもっともっと評価されてほしいと思うゲーム。

本気で央とレイン好きなんですがFD出ないんですか。いまさらですが。出ないんですか。
あの二人のルートを切に見てみたいです。

今ごろバサラ

今になって3を始めるという。

まだ伊達さんと家康をちょびっとしかしてないけどこれめちゃくちゃシリアスでない?

なんなの、3のテーマって後悔なのか?
いやシリアス好きですけども。苦悩する伊達さん幸村素敵ですけども。
けど基本なんかほのぼのかハイテンションでギャグなイメージだったからびっくりした。皆悩んでる

そういえばブリーチ50巻越え

いつから買ってなかったっけ。もう覚えてない。
30巻ぐらいまでは頑張ってた気がする

10巻ぐらいまでの、日常が変わってしまうって感じが好きだった。ソウルソサエティ編も好きやったけどあの辺が一番やった。

あの時作者が書きたかったんだろう話は今やってるやつなんかな。
でもだいぶ変わってもうてる気がする(´ω`)
欲を言えばソサエティ編が終わってすぐに日常が脅かされるみたいな感じに戻って欲しかった。

表紙めくったらある詩は今でも好き。
半分くらいその詩のために単行本置いてる。なかなか深いやつとかもあって、なんかこう…くるものがある。
ハローハローってやつあれ神だと思う泣けるもん。
もう久保さんそっちの方面でも全然いけたでしょこれ。
あの詩集めた画集とか出ないかな絶対買うのに

ブリーチはキャラもやけど初期の空気と世界観が好きすぎる。
話にちょいちょい挟んでくる詩がすごい好き。
完結したら残り集めようそうしよう。

和泉

雅恋がどうしてもみやこと読めない

和泉好き過ぎて自分でもびっくりした。ここまでドツボつかれるなんて思わなかった

初め普通に可愛い顔してんなーぐらいしか思わんかったのに。あぁもう何これッ

あろうことか晴明様ん時に、中盤近くで宮って言い出した主人公に和泉だって言い張った瞬間に流れたテーマに完全もってかれた。あの曲好きすぎる。いやもう和泉が好きすぎんの?わかんね、だって全部好きやもん。
笑った顔も怒った顔も、かすれぎみなのにフラットな声も、悩んで苦しんでるとこも、ちょっと意地が悪かったりするとこもみんな好き。

曲からも分かるあの明るさ。あの奏での方も何の楽器かわからんけどめっちゃ可愛いしあぁもう!

おいで、って和泉が言うたびになんか込み上げるうあーってなる。そして参号がワンコに見えてくる。
もともと浪川さんの声はすっごい好きだったけど、でもこれは…!

なんだろう、和泉ってすごい光だなって思った。
テーマ曲もうほんと光で溢れてる。生命の息吹きって感じまさに緑。初めて会った場所がすごいしっくりくる。
奏での方は淡い光に彩られてる感じ。色とりどりのシャボンが合いそう

あぁもうマジで和泉好き。すごい好き。
しっきがっみちゃん♪ってとこ本気で息止まるかと思った。
あのふにゃっとした笑いかた、もう泣きそうなる優しさ滲み出てる。
たぶんもうテーマ聞いただけで泣ける気がする
もうだめ…orz
前の記事へ 次の記事へ