降りる駅が終点で良かったと思う瞬間



爆睡してました。電車の中で。

しかも隣に座ってたおじさんと一緒に。


いつから一緒だったかは覚えてないが、そのおじさんがまだ隣に座ってるから あぁまだかー とか思ってまた寝直そうとしてハッとしたよ。


なんかこの駅に止まってる時間長くないか?って


ぱって外見たら終点だもんねびっくりした。
つか、それよりなにより恥ずかしかったよ。


そそくさ出てきちまいましたが。

隣にいたおじさん…起こしてあげた方がよかったんだろうか…

やっと…!



やっと携帯が直りました…!

いや直ったってか変えたんだけどね。


前のケータイ、もうケータイとして機能してなかったからね。

まさかのアクセス拒否だからね。
断固としてネットには繋ごうとしなかったんだよあのやろう。

ネットワークにアクセスしようとすればフリーズするし、メールも頭二行くらいだけ中途半端に届くという…。
そのあげくに過去に届いたメール開いても真っ白な画面しか表示しなかったしね。

なめとんのかチクショー。


まぁ、そんなこんなで5日間ほど外界から遮断された生活を送っておりました。



新しいケータイは純真無垢で真っ白なやつです。

前のネイビーもいいやつっちゃいいやつだったんですけどね。
なんせ一目惚れのお相手でしたから。最後の仕打ちはちょっと痛かったけども。


これからはこの真っ白なやつと上手くやっていこうと思います。
こやつが腹黒ではないことを願いながら。

か…かかとが…




ヒールって恐ろしい。



初めて学校に高さのある靴履いていきました。


結果、

わずか半日にして足がズタボロになりました。



ここまで酷い靴擦れは初めて経験した。

まさか歩けなくなるなんて思ってなかったよ。
ヒールなめてたね。


普通なら駅まで20分程のところを、たっぷり一時間かけて帰りました。

かかとの剥けかたが半端じゃない。広範囲にわたってズルって。


痛みに対する自己防衛というか、痛すぎて全く足があがらんなるし。

絆創膏なんてかかとの激痛の前じゃちっとも意味を成さなかったぜ。



一歩一歩ゆっくり慎重に、よろよろしながら帰ってました。

途中何度も裸足になってしまおうかと思ったけど。




今日ほどスニーカーが恋しいと思った日はない。
有り難みをよく思い知りました。スニーカーさまさま。

横断歩道


で、

外人さんを見ました。



それ自体はさして珍しい事でもない。

なんせ難波だからね。都会だからね。

そんなの毎日のように見てる。





でもあの外人さんは違ったんだよ。



横断歩道の向こう側で物凄く美しい仁王立ちをしていたんだよ



顔立ちが整ってて。

隣に立ってる日本男児がちょっとかわいそうになるぐらい背が高くて。


で、



物凄く美しい仁王立ち。



完璧な左右対象。
足の開き方から胴体と腕の間にある隙間の大きさまで全く同じ。

素晴らしいの一言でした。





さすが外人さん。めっちゃ堂々としてる。

くそー

ジレンマだジレンマ。

今日こそはー!!って思うのに、いっつも失敗するんだこれが。

空回り?

いやいや空回りすらしきれてないかも。



なんかもうちょい気ぃ抜いてできたらいいのにね。

気ぃ抜き過ぎても問題やけど。

目指すは適度な緊張。




………





無理だよ!なんかもういつでもガチガチだよ!!いや決して下ネタ的な意味ではなく!

女の子だからね!レディだからね!
もう少し慎みというものを大切にしようと、

…いえ嘘ですすんません。
大匙いっぱいぶんくらいあればいい方です。




明日はダンスだー。


踊るぞー。やるぞー。
いまんとこ他よりちょびっと上をいけるのはこれくらいだからな!




それでもコケる駄目な人。それが有でございます。


くそー、電車寒いぜ。
前の記事へ 次の記事へ