(秋田 田沢湖 2014年3月
日本一深い湖で凍らない)


いきなり脱線だけど
ヤマタノオロチってヤマトノチ、ヤマトの神様なんじゃないかな


山と って打ったら言いたくなった




今朝の夢

二十歳に届かないようなラフなショートヘアの少女が住んでいる山を案内してくれていた
にこやかで気さくな女の子
「アツッ」女の子
今までなんでもなかった所を熱湯が流れていたみたい
そしていつもの湧水は枯れていた
「あれ?」生活どうしよう、困った顔をしながら笑う女の子
見晴らしの良い所へ行くと、山から綺麗な水が低い方へと流れて水位が上がってきていた
「うわあ…」


と呆気にとられたところで目が覚めた


熱湯も気になるが、水の流れが変わって低い所を水没させていくシーンが
何度か似たモチーフの夢を見ていて気になる


そして「綺麗な水」は 生物 を寄せ付けない

濁り水の方が生物は繁殖する

殺菌・消毒に熱心な現代人が「される側」になる気配


精神的な面でという象徴の夢かどうか


海外では終末的な水没光景は何ヵ所かでニュースになっている


6億年後に海がなくなるとかいう研究者の発表が虚しい6億年先の予測なんて無責任過ぎる




昨日は木でできたバーのカウンター席にいる夢を見た

大切な女性がいて
同じ男性を好きになって

と物思いに耽っていた

そしてなぜかハイスクール奇面組のリーダー一堂零の髪型のビジョン

変な髪型だなと思う


覚えてるのはそれだけ

なんでハイスクール奇面組?
わからない

「奇面」
何か深い暗示があるのかもしれない

変な髪型も最近の夢のテーマだ;

まだ戻ってないということだろう




バーのカウンター席で思っていた大切な女性は今朝の山に住む女の子だろうか?

けがれなき少女






(愚痴)

「外の水道びちゃびちゃ漏れてるよ」
仕事から帰った旦那が面白いことを報告するふうに言った

「は?うちの?!」私
「うん」旦那
(なんでこいつ、他人事?)いらつく私

無言で外に出て水道の元栓閉めた

(期待したら負け)自分に言い聞かす


なんだか夕方から雪が再びわさわさ降ってきて、積もったら灯油を買いに行けなくなって灯油が切れるかも、と思い買い出しに行った
自分で

トイレのたびに元栓開けて流すしかない、と言っておいたが
帰ったら子供が「お母さんトイレ流して」
「え?お父さん寝た?」私
「ううん起きてる」子供
(あの役たた…ピー)

冷水の貯まったボックスに手を突っ込んで元栓開けた




期待したら負け
旦那には雪道の運転も任せられない

積雪した高速で子供も乗せているのに普通にとばしてスリップして路肩の雪の壁にぶつかって、あとは固まったままの旦那
私が外に出て 車に乗せといたスコップで雪かきして、私が運転

一ヶ月ぐらいあほみたいに低速運転して、旦那の喉元を過ぎると変わらない運転に戻ってまた事故って…と

子供を乗せても安全運転しないところが一番腹立つ


ふう


家の雪かきも全然しないし、灯油も入れないし、判断も遅くて手遅れになるから何度も頭に来たけど、旦那の思考は自分は悪くないからスタートするから話にならんし


そんなこんなで、やっと用意したご飯も食べんで寝たし


子供が小さくて体も弱いし寝れなくてストレスパンパンで体力なかった頃も、それでもやっと用意したご飯 食わんことちょくちょく


美味しい料理を作れないせいですか


恨み辛みは多い


子供で繋がっている


育児で本当に寝れなくて大変だった時期、週3でバスケ日曜は野球 土曜は実家の義姉の用事で飲み会もちょくちょく、家にいる時は爆睡してただけの、その恨み?も大きいが


結局は旦那は私に対して好意など持ってなかったというのが一番大きいな

すごく傷ついた


なんか人情が無い人






にしても
この水漏れの件

今朝の夢とリンクしてる
微妙に


浮いたはずの車検費用はこれで消えるな
(T_T)

敦賀
行けないか