みるみる下がる湿度

不思議ですね。小雨が降っているのに風は乾いたのが吹いていて、しかも気温が下がってきているのです。

明日から過ごしやすくなるんですって。

やっと。
やっとです。昔の夏が来る。
私は50才なのでせいぜい40年前の夏くらいしか記憶にないのですが、それでも今とは違っていたと言い切れる。

長かったですね。ひと月半以上。

私は地震がとても怖くて、ものすごく小さい地震でも体感して人に驚かれるのですが、おそらく夏の暑さについても間違ってないと思うんです。
暑いのがとても怖くて、ものすごく小さい暑さでも体感して人に驚かれたり笑われたりします。

3月に半袖で働いてたりするからですが(笑)

明日からやっと昔からの夏が始まります。
短いですが。

茨城では酷暑の中、とても楽しい時間を過ごせました。
私は23才から33才くらいまで毎年当時の主人の実家に帰省していたのですが、ついついどうしてもその時の事を思い出してしまいます。

若い時の記憶は鮮明だというのは本当ですね。
主人の事を「タカノリさん」と、当時の主人の名前で呼んでしまいそうになるのです。
前夫の実家ではそう呼びかけていたので。
ああ危ない危ない。

色々なことがあって疲れ切ったお盆でした。
ギアをニュートラルに入れなおして、通常運転にどうにか戻しましょう。

そしてお盆休みが無かったという方々、いつか代休で空いてるリゾート地で休みを満喫してきてくださいね!(^^)

茨城の夏

ものすごい蝉の合唱を聴きながらこれを書いています。
そしてまたなんだか喉が痛い。今度は左奥。
何なのもう。
窓閉めてクーラー無しで寝られたんだけど!すごいですよね。
今は窓開けたら蝉がすごいすごい。僅かな命を鳴いて鳴いて鳴きまくって燃やしている感じ。

昨夜は主人の子供の頃の話をたくさん聞けて嬉しかった。
主人が子供の頃お盆休みを過ごした田舎に来たのです。
とても綺麗な所でした。お墓も山の上の方にあって、私の実家と似ています。

今日は埼玉に帰ります。
が、あの暑さを思うと正直躊躇してしまいます。
やっぱり田舎は涼しいです。
夜になると違うんですよね。

あーもうすぐ終わる盆休み。

帰省の季節

なんて、しょっちゅう帰省している私が言うなって感じなのですが、大宮駅は大混雑でした。
その後の乗換駅も。
みんなでっかい荷物持って。頑張ろ!

うちのすぐそばを新幹線が通っているのですが、ゴーッという音を聞くたびに
「いっぱい乗っているんだろうな〜」
と想像していましたが、駅に行くと実感しますね。
すごい人出です。
もちろん私は新幹線には乗らず、いつもの普通列車で行くわけですが。

少しは涼しいのだろうか。期待しよう。

今日は下の弟が姪っ子を連れてきてるはず。
もう来てるはずだな。
楽しみだな〜。
下の弟はは婿養子に行ったのですが、長男が今年ぶっ倒れたので、なにかと頼りにしてしまっています。
うまくいかないものですね。
3人姉弟なのですが、長男はあまり長男らしくないやつで、母とも喧嘩ばかりで家のことは何もせずお酒ばかり飲んで、あんな身体になってしまったのです。
私はすんでのところで今の主人と一緒になったので、実家から離れる事ができました。
けれど、もう何年もせずに、あの家に単身赴任する事になると思います。
もう子どももいないし(ふたりとも成人したという意味)
母も必ず弱くなります。
そしたらどうするんだろう。
あの家どうするんだろう。
日本中が抱えている問題が我が家にも降りかかってきました。

考えると大変そうで目眩がします。

それでも、亡き父を心配させないように、ちゃんとしなくてはと思っています。

曇り空の朝

喉の痛みは半減しました。
糖分の効果か?

昨夜もひとりぽっちだったのではやばやと寝ました。
そしたら夢に娘が出てきました。
なんか政治的な歴史的な話をしていて、日本と中国とインドの関係で(全くの架空)論文を書いたとか言っていました。
たぶん大学生の設定だな。

そんなコ難しい夢を、眉間にしわ寄せて見ていたので朝になっても疲れている有り様です。

5時過ぎに主人が帰宅。
ソファで寝ていたのですぐ起きて、いつものように足のマッサージ。
主人の足ときたら長くてデカくて硬くて、私の大きい手でも非常に疲れます。
そんな長い足がぱんぱんに腫れているので可哀想で、いつも頑張っているわけなんですが。
いちいち
「ああ〜」
だの
「おお〜」
だの
「痛気持ちいい〜」
だのうるさい。

ちょっと強く押すだけで
「いたっいたたたたっ」
とか
大げさに叫びます。まったく痛みに弱いです。

本当に喧嘩ばっかりしていたのだろうか。

しかし夫婦というのはいいですね。
身体に遠慮なく触れられて、誰よりも不自然じゃなく許される。
弟のトイレに付き添う嫁さんを見ていてもそう思います。
独身だと、トイレの付き添いや身体の遠慮なしのマッサージなんかは誰がやってくれるのでしょう。
私はまだどちらもお願いした事がありませんが、今のうちに結婚しておいて良かったと思います。

娘や息子にイヤな顔をされるのはつらいです。

いや、主人がイヤな顔をする可能性も十分にあるのですが(笑)

今日は雨なのかなぁ。
雲がすんごい低く垂れ込めています。
主人の店は今夜も営業なので、またひとりぽっちです。
そしてまた早く寝て風邪から回復し、ややこしい夢を見て早朝帰宅の主人に起こされる。
素晴らしい予知能力。

雨が降らないうちに食べ物買ってこようかな!

夏風邪の休暇

こないだ台風さんがきた時のこと。
主人がスマホを忘れて出勤していたのですよ。
いつもなら自転車漕いで届けるんですが、疲れ切ってる上に雨風強く、さすがに躊躇。
お店に電話しました。

「あーいいよ。特に使わないから」

まぁこう言われるのはわかっているのですが、私が不安になるのでいつもは届けるのです。

でも台風だしなと今回は諦めました。
息子が帰宅したので
「アンタ車で届けてくれない?」
と聞いてみましたが
「いいって言うならいいんじゃない?ってか、今夜お客さん来ないんじゃないの?もう」
だって。

台風だしねえ。

そんなわけで届けませんでした。
それを何故今書いているかというと、こういう、私がなんの問題もなく届けに行けるような日には何にも忘れて行かないなあと。
ただそれだけなんですが。

今日も耐え難い暑い日でした。
息苦しくて汗が噴き出します。

そんな中、玄関脇に置いた薔薇の蕾が再びつき始めました!
1つは小さく咲き始めました。
ピンクで、昔食べたバタークリームのケーキの上にあった飾りにそっくりです。
甘くて美味しそう。

夏風邪で甘いものばかり食べています。
糖分とりすぎです。

そう言えば昨夜、息子に麻婆茄子を作って出したらペロッと平らげました。
大人になったものです。

なんだかさっさと帰省して行ってしまいましたので、息子用に買って置いた団子とかエクレアとかも明日私が食べることに。
少し嬉しい。

明日も糖分です。
当分糖分です。
前の記事へ 次の記事へ