どんなに困難な状況下におかれても
楽観主義に
笑っていられたら
それは本物の強さになる。
今を大事に大切に
感謝しながら日々
瞬間
瞬時
生きて
生きさせてもらえたのならそれは
本物の幸せになる。

あたしは
母さんがこの世を去り
それが
ターニングポイントになった気がしている。
幸せだったと信じたい母さんの生きざまをみて
今まで
どうしても踏み出せずにいた事に
足を踏み入れ
あんなにも避けていた
経営者への道を選んだ。
いつかは…なんて思いながらどの位の歳月を経ただろう。
仕事も順調に波に乗ったと思っていた
でも
そう簡単なモノではなかった。
新しく風を入れ換え
そして
自分自身を振り返り
真剣に経営を考えた。

心からの笑顔と感謝
深く頭を垂れる事
慢心は捨て
謙虚に。


少しずつではあるけれど

良い風が吹き出した。

人間
初心を忘れ
何もかも自分中心では物事上手くいくわけがない。

そして
私生活でも
新しいパートナーと歩き出した。

彼はまだ若いけれど
きちんとあたしと向き合ってくれる。

そんな総てに感謝をし

今日も笑って過ごしたい。
泣くも一生
笑うも一生ならば

笑っていたいに決まってる。
それでも
人間だから
感情があるから
当然
泣きたい日だって
落ちる日だってある

そんな時は
感情の赴くままに。

愉快に生きましょう
行きましょう。