満席
満員御礼で御座いました!
深く感謝。

姫も
あたしも
凄く
お互いに
労りあいながら仕事をしているのが
凄く解って

忙しい店内を
アイコンタクトしながら
順調に仕事を進められた

まだまだ子供

姫が
必死に
スベテを守ろうとしている姿は
どんなモノにも
代えられぬ宝物

アタシの後ろを
ちょこちょこと歩いてツイテきた姫が
今度はアタシの前を歩く
そうだね
アタシの手を
心を
力強く抱きしめながら。

痛く感じる有り難さ。

姫の存在が
どれ程
偉大なのかと
涙がこぼれる。

愛しい我子
アタシのタカラモノ。

今日
頑張れば
明日は休みだよ〜

又、力を貸してね。