独り言

目が覚めたら
部屋は真っ暗で
静かで
一瞬ワケがわからなくなった

にゃんは
バンド練
に片付けしに行ってくるとメールが入った

あたしは
朝より随分と身体が楽だけど
相変わらず怠いし
少しバクル。

昨日は普段暇な土曜日なのだけど
結構お客さん来てくれて有り難かった

来月の6日で
一周年!
ボチボチお客さんに
お知らせメールを送信しなければね

普段の営業と変わらずにやろうとにゃんとも話した

二年目に突入かぁ
正直嬉しいよ

一年保てば大丈夫!と
云われたけど
どうなるかなんて
ワカラナイから
毎日が戦いで
毎日が感謝で。

さて
ソロソロ
服の入れ替えするかな
めんどい

ひさびさだな。

なんとも
目まぐるしく過ぎた日々記憶定着不可能です

でも
あたしなりに
生きてます(笑)

仕事もしんどいけど
頑張ってます

そして

ちゃんと
恋愛してます

にゃんには
色んな面で
助けてもらってます。

支えてもらってます。

さて
ソロソロ
支度しますか!

お客さん
25日以降に期待

もっと

もっと抱きしめてよ
お前は1人じゃないって愛してるよって
もっと
強く抱きしめてよ

さがした指先を
絡めて
俺は此処だと
教えてよ

愛がみえない
愛はみえない

だからこそ…

あたしに触れてよ

壊れそうな今のあたしを不器用で構わない
だった一言
1人じゃない

抱きしめてよ

この闇の中

寂しいよって
疲れたよって
あたしは
誰に言えば良い?

その思いさえ
許されないのなら
あたしは
ドコへと行けば良い?

ドコかへ行く事も
ワカラナイのなら
あたしは…

この血が滲んだ心も
いつか
笑い話になるのなら
一秒でも早く…
早く…

助けてって
どうして云えない?

もっと髪を撫でてって
なんで甘えられない?

声をあげ
泣きたいのに
何故
涙すら出ない?

『疲れたよ』
誰か
助けてよ

、、、

この物語に続きがあるのなら
最期は
アナタが笑っていて
どちらかが
泣くとしたら
それはアタシでカマワナイ。
カレンダー
<< 2012年05月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ