4度目の夜に『愛してる』

抱きながら
耳元で
掠れた声の
『愛してる』

腕の中
揺れながら
涙声で
『愛してる』

4度目の夜に
聞いてしまった
『愛してる』

応えてしまった
『愛してる』

忘れて
忘れないで

矛盾だらけの心達。

BVLGARIの香りに
委ねた夜。

終わりはあるの?
あまりに愚問
じゃあ
いつ
始まりなの?

気付いてしまった夜
ずっと
抱きしめていた
あの人の
腕を
甘く噛んだ。

背中の吐息が
涙へかわる。

そのワケもワカラズに。

カウントダウン開始。

オープンまで
一週間!
カウントダウン開始!

今日は夜から
店に行こうと思っている
昨日は
11時間
隠りきり。

流石に疲れた

今日もこれから
足りない備品を求め
買い物へ


の事を済まし
夜店へ

少しずつ
形になっていく店をみると
本当にイヨイヨだな

痛感する。

皆様に
感謝!

関係ないよだってアタシが好きなんだもん。

本気で愛されていたと
しても
それを口に出されたら
困るのはアタシ

多分
あの人も
歯止めがきかなくなる。
大人の様な
子供の様な。

例えば
そのどちらにも
属さない。

伝わるのは
視線

あの人の
色々な眼差し。

その時の心。

偽りなんかじゃない
キス
過ちなんかじゃない
哀しい程の
熱い身体。

『お前がほしい』
『アタシも』
…。

痛い位に貴方の愛を感じるから。

合い鍵
特別な意味合い

一度
手元に戻り

再び
あいつの手のひらへ

全力の愛を感じながら
今日は眠りに就こう。

波乱万丈アタシらしく

営業許可がおり
いよいよ出陣の時がきた!これからも波乱万丈だとは思うけどアタシらしく頑張りたい。
生きていきたい。

昨日
家の姫が
珍しく
『明日のご飯なぁに?』と訊いてきた!
ずっと
外食で優雅なランチに
ハマっているであろう姫
母さんは
凄く嬉しくなり
張り切って姫の大好きな甘い卵焼き等を
作った!

姫が
美味しそうな顔をして食べるから
母さんは
頑張っちゃうんだよな。
多分に
忙しく飛び回っていたアタシを気遣い
外出ついでに
ランチしていた日もあるであろう。

世界一可愛い
アタシの姫

親バカで結構!
無償であるのは
やはり
姫だけだから

今日はこれから
100均行ってきまーす。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ