忘年会と姫への想い

昨日は身内だけで
忘年会!
姫が仕事を終わるのを待ちながら
顔見知りの場所で
ゆっくり呑む

しばし待ち
姫登場

本来ならば
お会計は
一年間のお疲れ様の意味も含め
アタシがする所を
姫がしてくれた

今まで
頑なに姫に会計をさせた事はないが
気持ちよく
ごちそうさま

した

ソコでは
アタシが殆ど呑んで
いたのに

姫の成長を
心から感謝しつつ
ほんの少し
寂しい気分にもなる

アタシがいなきゃ
何も出来なかった姫が
今は
こうして
ちゃんと仕事をして
そして自分で得た
お金で
アタシに酒を呑ませてくれた

こうやって
段々
立場が逆になっていくんだなって

うちは
特別
仲が良いと思うから
喜ばしい事なのですよね
友達みたいに接してます
反面教師が良い運びになった

放任主義のアタシであるが
云わなければならない事や
基本的行動
基本的言動
などは
小さな頃から云い
示してきたつもり

その他は
放任
決して良い母親では
なかった
だって
アタシはアタシだもんって
やがて
姫が大人になった時に
子育てに追われて
好きな事出来なかったって
思いたくはなく
好き勝手生きてきました
それでも
ママ大好きって
今尚
言ってくれる姫は
親を育てる天才だと思う

貴女に出逢えて
ママは
愛を初めて知りましたよ
脱線した話が
それから二軒目移動
ダーと合流し
歌いまくり
空がしらじらと明るくなりはじめ
帰宅!

本当に一年間お疲れ様でした!

今年最後の日

当たり前の様に
毎年この日を迎えているけれど
本当は
決して当たり前では
ないのですよね

一年間
無事でいられた事を
心から
感謝する日なのですよね
今日は
普段よりも
沢山沢山
感謝をしたいと思います。

ありがとう

深夜の飲み屋さん

嫌いじゃない
寧ろ好む!

そんなアタシは

深夜の飲み屋さんに
いる!

カラオケBARといった方が良いだろうか

よせば良いのに〜♪
とか
歌ってるオヤジが居たりする!

アタシも唄おうかしら!

お風呂タイムしよ!

さてさて
そろそろお風呂に入ろう
心も体も綺麗になろう
心は違うか〜

心も洗えたら良いのにね〜
でも
近いモノはあるよね

温泉いきたいっす!

一生分の愛をアナタへ

随分と
廻り道
したけど
辿り着いた
アナタという
暖かな場所へ
だからこれから

泣きたくて
泣けなくて
誰にも預けなかった
未来という
その未知なるモノ
アナタとならば
みてみたいから

危なげな恋に
泣き疲れた日
何も言わずに
アナタは黙って
時間をくれたね

こんなに
近くにある
ダイヤモンド見落としてクダラナイ
笑える位なアタシを
ずっと見守ってくれた人
アナタとなら
春の日差しに
目をこらし
微笑み合える
この先

寒い冬も
2人で手を繋ぎながら
どこまでも
どこまでも
歩いてゆける

ありがとう
アタシを選んでくれて
アナタは
優しく頷いた
ありがとう
ボクを選んでくれて
奇跡をありがとう

その言葉を
最期はアタシが云うよ
アナタへ
『奇跡をありがとう』
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2010年12月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ